フランスミュージック

ヴィタリック

ヴィタリック
ヴィタリック(Vitalic(本当の名前):)、電子音楽人/製作者)フランス
Pascalアルベー・ニコラスのためのディジョン、Pascal Arbez-ニコラス、1,976年からあります。

優秀な人として私自身で電子事故 ― 新しいレイヴ ― を含む
2000年代のダンス・ロックのクロスオーバー高さをとることを見分けます。
「私のFriendダリオ」「Laロック01」「Poneyパート1」のような一連のクラブ・ヒットを
生んだデビューアルバム「OKのCowboy」はダンス音楽シーンでした。
しかし、2005年に最も大きな話題で、年を通してチャートに入ったロングショット屋を記録しました。

慈悲なしでギター音を経験してみます。
そして、飛躍的な大国に優れているロック活力による攻撃的電子ビートによって
リスナーはテクノに訴えます。
ロック域は、広く強いです。完全に鏡と光によって床中でカバーする照明を使用した積極的な
ライヴ・セットは高い評価を受けます。
そして、音楽の部分は公平に場面の主要なShuneiとソウル・ワックス、デジタリズムその他として
階で激しい対戦を得ます。

2007年の夏と「基礎の騎士さえ」で音のもので、また、2008、次の日と日本の
パフォーマンスの訪問日本がしばしばなるよう、最初に2005.Iのフジ・ロック・フェスティバルの日本への訪問です。